ジャム好きの私が、一番気に入っているジャムのお話

毎日の朝食はパンを食べています。私の場合はトーストをせずに、そのまま食パンにバターとジャムを半分ずつ塗って食べる方式です。トーストをすると、食べた時にパラパラとパン粉が落ちてきて、後でテーブルの掃除をするのが大変だからです。
さて、そのジャムですが、たいていはスーパーで一番安いジャムを買っています。私の行く店で売っている最低価格のジャムの値段は100円弱。この価格帯のジャム・クリーム類は5種類ほどあるのですが、いつも買っているのは【いちご】【マーマレード】【ブルーベリー】【ピーナッツクリーム】の4種です。もうひとつ【チョコクリーム】というのがありますが、これはちょっと甘すぎて私にはNGです。
この4種を、毎朝ローテーションで食べていますが、やっぱり一番好きなのは【いちごジャム】です。小さい頃から食べ慣れている味なので安心感があるのでしょう。ジャムの中に残っているブツブツした種みたいなものが、食べる時にプチっと潰れるのですが、あの食感も大好きです。
たった100円のジャムですけど、私にとってはこれを食べるのが毎朝の楽しみになっています。

「普通に売られている卵は危険」というデマが拡散中!

Facebookで再び新しいデマが流れています。それは「日本に出回る卵の9割が薬品漬け・薬品漬けの危険な卵だ」というものです。しかし、日本では卵に対して洗浄や細菌チェックを行う業者があり、一般に流通している卵が危険である科学的な証拠はありません。もっと言ってしまえば、皆さんが普段卵を食べていて危険な目に遭ったことは何回ありますか?それを考えれば、「普通に売られている卵は危険」がデマであることは体験上、分かるはずです。では、どうして今回のようなデマが流れるのでしょうか。それは「安全な卵」を標榜する生産者が、一般に流通する卵の危険性を喧伝することで、自分たちの卵を購入させるというマーケティングの一環だからです。センセーショナルなタイトルと危険を煽る内容で消費者心理を揺さぶり、自分達の商品を購入させるのはマーケティングの基本です。今回のデマはそのようなマーケティング手法に基づくデマなのです。このようなデマに騙される人はリテラシーが足りません。松田美佐『うわさとは何か』で勉強することをオススメします。金 急ぎ

最近また流行りはじめた感じのするTwitterのスパム

以前から、忘れた頃にTwitterの連携機能を使ったスパムが流行ったりすることが繰り返されています。
しばらくは見かけないなと思っていたのだが、最近になってまた流行の兆しが見受けられたりします。
友だちも何人かスパムによるツイートをしていたりして、急に脈絡のない広告ツイートが出てきたりするんですよね。
その都度、連携を解除したり、パスワードを変更したりするようだが、油断した頃を見計らってやってくるような気もします。
こういう極めて簡単な手口のスパムというのは、一つなくなればまた別のものが出てくるといういたちごっこのようにも感じています。
私はそれほど自分が依存しているとは思いませんが、TwitterなどのSNSが本当に重要なコミュニケーションツールになっている人もいるでしょう。
重要なものになればなるほど、こうしたツールで社会的な信頼を失ったりするというケースも増えてくるかもしれません。
リアルタイムで更新される短文の投稿というのは、次から次へと流れる情報で溢れています。
だからこそ、こうしたスパムや炎上などにはじゅうぶん注意しておきたいものだと思っています。

父と娘の触れ合いタイムのため、イライラを我慢

週末は、主人がチビちゃんに朝の離乳食を食べさせてから仕事に行くのがお決まりのパターンになってきました。

普段はなかなか触れ合えないので、この時は父娘でたっぷり触れ合ってもらって、その間は別の部屋の掃除などに専念させてもらっています♪

先週末も離乳食の準備をして、チビちゃんにお食事エプロンを着ける所までしてからバトンタッチ。
私はダイニング横の部屋の片づけをしながら、遠目で見守っていました。

実家でジジ・ババに赤ちゃんせんべいを食べさせてもらってから、手づかみ食べがしたくて仕方のないチビちゃん。
スプーンを奪って自分で食べようとしたり、お椀の中に手を入れようとしたりと食に対して興味が湧いてきた様子。

そんな姿を初めて見た主人は、食べさせるのに悪戦苦闘…。
いたずらばかりすると私に訴えてくるので、「最近、自分で掴んで食べたいみたい」と隣の部屋から伝えておきました。

その言葉を聞いた主人、私の見ていない間にスプーンもお椀もチビちゃん自身に渡して好き勝手させていました。

気づいた時には部屋中が悲惨な事態に…。

この日のメニューはくたくたに煮た具沢山そうめん。
それを手づかみ食べさせたものだから、上手く食べられるはずもなく、そこら中がベタベタ…。
お椀ごと投げたようで壁にもそうめんが…。
お腹が空いているのに食べられず泣きだす始末で大変な事態になっていました。

私の説明が悪かった?
目を離したのが悪かった?
ここまでなる前に、このメニューで手づかみ食べは無理だと気づいて欲しかったです。

泣いているチビちゃんをあやして、掃除をしたのは私。
普段以上に仕事が増えてイライラしてしまいましたが、ここで怒ると主人は拗ねて、次から食べさせてくれなくなりそうなのでグッと我慢!!
父ちゃんへの教育も大変ですが、ぼちぼち頑張ろうと思います…。