お弁当思い出ー私のおススメたまご焼きを宣伝しま〜すー

お弁当を創り始めて、もっとかなりの時が過ぎました。
当初よりは、惣菜の品ぞろえは焼き上げるようにはなったものの、お決まりになりがち。
どんどん初々しい惣菜を添えると、お弁当を食べた時に明るい気分になれるので、四六時中項目保管、研究してます。探索と言うほどではないかな?(笑)
たまご献立は毎日のように入れています。
たまご焼きは、塩分をひとつまみ入れただけシンプルな小物もいいけれど、各種道具を混ぜた小物も美味いだ。
海苔を来れると黒とイエローの大波が艶だ。ハムのロゼもまた艶。
ビン詰のなめ茸は、フレーバーが濃くなってご飯が進みます。
生ワカメを細く切って入れたり、ひじきの煮物が残っている時は、それも入れてみたり。
海藻も一緒に召し上がることができて、健康にとっても良いです。
ごぼうと人参のきんぴらのスペースを入れてもうまいだ。
最近の穴場は「こつぶキュー氏」を来れる場合。「きゅうりのキュー氏漬け」を細く切ったものです。
プチプチした舌ざわりがGOOD。
オール手作りの小物となると、しだいに動揺気分が大きくなってくるので、市販の小物も賢く利用して、バラエティに富んだお弁当にしたいなあと思っています。
よっしゃ、あしたはいかなるお弁当にしようかな?