時間が経つととことん押さえる、あんまりいらっしゃるのね、不設備。

時機に関係なく、大掃除をすることがある。
まぁ、意思が役立つ際が多いのだけど。

とあるテレビで、整頓整頓を特集していたのを見た。
その放送を見た後から、まさに実に引きずり出しのインナーが気になってしまった。

あしたになり、一つだけウエアのある取り出しを開けてみた。
似合わないトーンの衣服が1枚出てきた。
しかも、べっとりフィットする品の衣服で、胴気味ょっとぽこっと出てきて要る私にとっては、
まったく微妙な衣服であったので、外してみた。

罠の変わりかけた靴下という、低くなったインナーもね。
どっちもゴムが幾らか緩くなりかけていたのと、織地が薄くなっていたので、これも外してみた。

住宅における時折意思にも止めるのだけど、急に立ち寄ることになったり、皆さんがいらしたりするので、
人からルックス線で考えて、見られたら照れるときの物を外したのね。

通算にしたら、たったの3つなのだけど、取り出しのインナーはスッキリしたような様子になっていた。
こういう不思議な勘は、何?

しばし日にちが経ってから、さらに見てみるわ。
似合わなくなった衣服が出てくるかもしれないしね。