久しぶりに乗ったバイクで走り出しながら個人と扱う20代女の心象景観

寒空の当事者、ハンドルを掴まえる両手とヘルメットの当事者の外見以外は死ぬほど白々しい。
結果的にひとりではあるものの、また今年もこうして前年までと同じように年越しのツーリングを楽しんでいる。
前年の今更は忙殺さを押さえる中で夕刊を配り終えてから寝ないで用賀にいらっしゃる小竹の自宅で数人の悪童たちと酒を引っ掛け、その日だけは再びなんとも前にバイバイしたはずだったタバコを解放し、意識が朦朧としたまま三タイミング以上を費やし、時代を跨いで品川近くまで赴き、女性組だけで夜景をみてはしゃいだものだ。
本日思えば、それというのは蛮行の極みだったかもしれないが、あたしは二度と孤立ではなかった。
やり場の無い孤立気分を保ち始めたのは、いったいいつ頃からだろうか。
もしかすると、パーソンは自分が気づいていないだけで本当は目に見えない友人というものが少なからずあるのかもしれない。
いずれにせよ、こういう体調ではそんなに長く滑ることはできみたいもない。
それに今はもう一度、昔ほど愉悦に浸ることなどできはしない。
あたしは本日、エネルギーだったうちのわたくしを憂いでいるのだろうか。
魂の抜け切っていたわたくしを恥じているのか。
あるいはどちらの心持ちも背負い込み、ゆくゆくは体内に浸透し、とも本来の自分の姿勢として共存しているのかもしれない。

ヒノキの花粉症終わったと思ったのにまたくしゃみ鼻水出てきた

前週辺りから、瞳かゆい&鼻水垂れ流しの結果、耳鼻科に行ってきました。びっちりうちからお母さんが娯楽にきてくれていたので、乳児を預かってもらっている間にササッと。
「もちろん鼻炎になっているけど、温度距離にやられてるだけなのかとかダニとかホコリかもしれないから、今の時期の花粉とは明言はできないかな」とドクターには言われましたが、無事に花粉症の時とおんなじ抗アレルギーの呑み薬と目薬をもらいました。
薬を飲んだら少しは鼻水残るけど、乳児を外側で遊ばせるためにマンションに引きこもってる導因にもいかないし、マスクすると二度と暑すぎて耐え難いし、マンションの窓全開にしないと室内の温度30度くらいに向かうし…花粉だったとしたら防御できないことばかりしなければならないから結構鬱陶しい…。間近たちはとっくに花粉終わってるから、マスクして子供達が固まるところへ遊びに行くと「うちの乳幼児に流感うつさないで」的瞳で見られている気がして居辛いし。
春はスギ・ヒノキ、秋はブタクサにやられるので、初夏のこの時期も花粉症が確定したら自身ホンマ1長時間抗アレルギー薬呑み積み重ねるんだな…きついな…と思った太陽でした。キレイモ