宇宙の地平線と宇宙条件放散などについて実習

宇宙などについて稽古をしました。宇宙のジェネレーションは有限であるので、我らが実測できる宇宙の分野は、きっと明かりステップと宇宙のジェネレーションの積を半径と始める範囲だ。こういう分野の境界を宇宙の地平線といいます。宇宙の地平線は期間の順番とともに拡大し続けている。今日実測されている特に遠くの天体は、赤方偏移z≠7の銀河で宇宙の地平線に間近い天体だ。銀河団にはおとめ座銀河団、おおぐま座�T銀河団、かん不具合座銀河団、うしかい座銀河団、うみへび座銀河団などがあります。1965ご時世、アメリカのペンジアスとウィルソンが、宇宙のありとあらゆる道のりからおんなじ強さの波長7.35cmの電波がきていることを発見しました。のち、ことなる波長でも同じ電波が発見されました。それらの電波の強弱分布は約3Kのものからの放散に調和し、3K宇宙粗筋放散といわれます。宇宙が膨張しているため、遠方の天体からの放散は波長が伸びて実測されます。全然勉強になりました。