原子やマグネシウムなどについて勉強してた

稽古をしました。1999時代に、和風が条件最大級の「すばる望遠鏡」がハワイにフィニッシュしました。次は、原子などについてだ。原子は、中心にある1個の原子核と、その辺りを運動する電子で構成されます。原子核は格好の電気を秘めるいくつかの陽子と、電気をもたないいくつかの中性子からなります。陽子の数値は原子ナンバーに等しく、陽子の数値と中性子の数値の共和をその原子の質量数値といいます。原子は原子核間の陽子と同数の電子を含み、電気系に中性だ。原子の時折電子を失ったり、受けとったりして安定な電子の割り付けを盗るものがあります。電子の承継により格好または負の電気をおびるようになったものをイオンといいます。イオンの電気系動きは元素印の右肩に追記受ける枚数と+または−の印で表されます。たとえばマグネシウム(Mg)の案件、電子を2個失って+2価のマグネシウムイオンになります。このことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。

わたし、国語テクノロジーがないから読みやすいのしか読めないんです

我々はリーディング家ではないだ。読める、読みこなせる読物が少ないんです。ノーマルな村上春樹君の読物は難しすぎて読めないです。字が読めないのでなく、流れが全く理解できないというか、何言ってるんだか思い付かんですよね。でたらめというか、薄々言うか、はっきりしないというか。横文字も結構使っていて、格好擦り込みてるというか。だいいち、カフカって何?とか、何故ノルウェーなん?とかって見紛うんです。オタクの方にはすいませんが、こちら、週刊名前でたけし君もおんなじ部分言っていたから、なるほど、同じく思っている人いるんだのち楽ちんしました。それも、あのたけし君が。我々は意外とスラスラ読めるのでないと理解できないんですよね。江國香織君や、原田宗典君、吉田修一君など。この方陣の読物は、ほんとうにただただを書いていくから、途中でへんな例えなんて入れないでどしどし結び付くし、読みやすいんですよね。一方さっきの村上君など、私の読めない読物は枝分かれして例えなんぞを添えるから、声明を忘れて仕舞うし、しんどい用語ばっかり取り扱うので理解できないんですよね。こんなふうに同じく思っている人いますよね。