最近また流行りはじめた感じのするTwitterのスパム

以前から、忘れた頃にTwitterの連携機能を使ったスパムが流行ったりすることが繰り返されています。
しばらくは見かけないなと思っていたのだが、最近になってまた流行の兆しが見受けられたりします。
友だちも何人かスパムによるツイートをしていたりして、急に脈絡のない広告ツイートが出てきたりするんですよね。
その都度、連携を解除したり、パスワードを変更したりするようだが、油断した頃を見計らってやってくるような気もします。
こういう極めて簡単な手口のスパムというのは、一つなくなればまた別のものが出てくるといういたちごっこのようにも感じています。
私はそれほど自分が依存しているとは思いませんが、TwitterなどのSNSが本当に重要なコミュニケーションツールになっている人もいるでしょう。
重要なものになればなるほど、こうしたツールで社会的な信頼を失ったりするというケースも増えてくるかもしれません。
リアルタイムで更新される短文の投稿というのは、次から次へと流れる情報で溢れています。
だからこそ、こうしたスパムや炎上などにはじゅうぶん注意しておきたいものだと思っています。