「普通に売られている卵は危険」というデマが拡散中!

Facebookで再び新しいデマが流れています。それは「日本に出回る卵の9割が薬品漬け・薬品漬けの危険な卵だ」というものです。しかし、日本では卵に対して洗浄や細菌チェックを行う業者があり、一般に流通している卵が危険である科学的な証拠はありません。もっと言ってしまえば、皆さんが普段卵を食べていて危険な目に遭ったことは何回ありますか?それを考えれば、「普通に売られている卵は危険」がデマであることは体験上、分かるはずです。では、どうして今回のようなデマが流れるのでしょうか。それは「安全な卵」を標榜する生産者が、一般に流通する卵の危険性を喧伝することで、自分たちの卵を購入させるというマーケティングの一環だからです。センセーショナルなタイトルと危険を煽る内容で消費者心理を揺さぶり、自分達の商品を購入させるのはマーケティングの基本です。今回のデマはそのようなマーケティング手法に基づくデマなのです。このようなデマに騙される人はリテラシーが足りません。松田美佐『うわさとは何か』で勉強することをオススメします。金 急ぎ